AWS認定の第一歩

AWS認定
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AWS認定の種類

AWS認定資格は以下図のように、複数の認定で構成されています。

                              引用元: https://aws.amazon.com/jp/certification/

ぐわっ 資格の種類めっちゃ多い・・・と思うかもしれません。

僕はそう思いました。

試験料も安くはないので全種類取るとなると、懐も気になるところです。。。

なので、優先順位を付けていこう!

という事で、レベルと分野に分けてみようかと思います。

図の専門知識はニッチな分野になりますので、僕はAWSの構築に必要な知識から身に着けて行こうかと思います。

構築に必要な部分は図の灰色部分の3レベルに分類されている箇所です。

引用元: https://aws.amazon.com/jp/certification/

3レベルの各概要は以下の通りです。

AWSの全般における基礎的な知識を認める資格です。

AWS 認定クラウドプラクティショナー試験は、AWS クラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できる個人が対象です。その他の AWS 認定で扱われる特定の技術的役割からは独立しています

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-cloud-practitioner/

設計・運用・開発におけるAWSの実務経験が1年以上ある開発担当者を対象としている資格です。 アソシエイトレベルの種類は以下の3種類です。

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験は、AWS における分散システムの可用性、コスト効率、高耐障害性およびスケーラビリティの設計に関する 1 年以上の実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者を対象としています。

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-solutions-architect-associate/

AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト試験は、AWS における開発、管理、運用に関する少なくとも 1 年以上の経験を持つ、SysOps を担当するシステムアドミニストレーターを対象としています。

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-sysops-admin-associate/

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト試験は、AWS ベースのアプリケーションの開発や保守における 1 年以上の実務経験がある開発担当者を対象としています。

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-developer-associate/

AWSの実務経験が2年以上ある開発担当者を対象としています。

ソリューションアーキテクトの発展としてソリューションプロフェッショナル。

SysOpsアドミニストレータ・デベロッパーの発展としてDevOpsエンジニアが存在します。

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験は、AWS におけるシステムの管理および運用に関する 2 年以上の実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者を対象としています。

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-solutions-architect-professional/

AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル試験は、AWS 環境のプロビジョニング、運用、管理において 2 年以上の経験を持つ、DevOps エンジニア担当者を対象としています。

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-devops-engineer-professional/

色々書いていますが、この3レベルに大別されます。

今回はアソシエイトレベルを目指そうと思いますので、アソシエイトレベルの各認定について調べた事を書いてみます。

アソシエイトレベルは上でもまとめていますが、以下の3種類です。

ソリューションアーキテクトはAWS上でサーバー構築の知識を試されるテストです。

クラウドで開発するため、まずは環境を構築する必要がありますが、その環境構築の設計手法を認める資格です。

SysOpsアドミニストレーターは運用手法です。

ソリューションアーキテクトは構築でしたが、こちらは構築した環境を管理する為の資格です。

③デベロッパーは、AWS上でアプリケーションを作成する能力を問われます。

例えば、プログラムを書く中でAWSの機能を盛り込むだとか、そう言った時に必要な知識に対する資格です。

色々ややこしいですが、めっちゃざっくりPCで例えると以下の事における資格です。

ソリューションアーキテクト:PCのHDDやCPUなどの構成について

SysOpsアドミニストレーター:構築したPCの動作管理

デベロッパー:PC内で作るプログラム


AWS認定を取得することのメリット

AWSは日本や海外の多くの企業に導入されています。

毎年開催されるイベント「AWS Summit」でも聞いたことのある多くの有名な大企業が出展、登壇し導入事例を発表しています。

それほどAWSは多くの企業に認知されてきています。

そして、他のクラウドに比べてAWSは日本語のサポートが多いです。

気軽に聞ける環境、困った時のQ&Aが多く公開され、ほぼ日本語化されている為、簡単に調べる事が出来る環境にあります。安心ですね!

AWS認定資格を取得した場合、メリットというか特典も非常に多いです。知ってる限りを書くと、

・公式AWSのロゴ使用

 自身のHPや名刺などにAWSのロゴを載せることが出来ます。

・AWSイベントでの特典

 ラスベガス「AWS re:Invent」、日本「AWS Summit」において認定ラウンジや認定パーティに参加可能です。

 自身が参加した「AWS Summit」では、認定ブースが有り、wi-fi使い放題!軽食有り!などプレミア感あるブースでした。(通りかかっただけですが…)

・AWS認定取得者用ショップ

AWS認定を持つ方のみショップで購入出来る物があるみたいです。

何と取得した認定資格の個数で買える物が増えるとか…

面白そう!ゲームみたいですね(笑)


今回取得しようと思う認定について

今回はソリューションアーキテクトから取得しようかと思います。

理由は、ズバリクラウド構築出来ないから!(笑)

アプリケーションとか運用とか、クラウド環境構築出来ないと意味無さそうなので…(泣)

それにAWSの構築を知る事で、AWSがどんなものか知る事が出来ると思ったので!

ちなみにソリューションアーキテクトの資格取得に発生する料金は、以下のようになります。

受験料金:15000円(税別)

模擬試験:2000円(税別)

意外と高い・・・ですが、上述のように多くのメリットもあります!


以上の事からソリューションアーキテクトの認証資格を取得する事を目指します。

ゼロからのスタートなので、前途多難ですが、AWSプロの第一歩として頑張っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました