サブスクリプションをやっていこう!(Google Play Music編)

サブスクリプション
スポンサーリンク

こんにちは!サブスクリプションに目覚めているSEふじたけです。

今回は僕自身が今やっている音楽のサブスクリプション Google Play Musicについて書いていこうかと思います。

この記事をご覧になられる方はGoogle Play Musicの事はご存知かと思います。

簡単に説明すると有料の音楽配信サービスです。

スポンサーリンク

Google Play Musicを始めた理由

僕は以前までLine Musicをやっておりましたが、Google Play Musicに切り替えました。

Google Play Musicを始めた理由としては、以下の事が理由です。

 ・ローカルの曲をクラウド上にアップロードできる

 ・Youtube Musicもついてくる

 ・Google AIの選曲を試してみたい

Google Play Musicの使用感は?

Google Play Musicを使用してみて、ローカルの曲をアップロードできる事は非常に便利でした。

スマホの中にある曲って意外と容量を取るのでデータの管理もスッキリしました。

また、高評価を付ける事でおすすめの曲を検索してくれますが、さすがGoogleのAIです。

おかげで沢山の知らない曲を見つける事が出来ました。高評価の情報を与え続ければ精度が上がっていきます。

しかし、非常に残念ながら歌詞は出てきません。

Youtube Musicを併せて使う事のメリット

通常サブスクでは配信されていないアーティストも沢山います。(例えばB’zとか)

しかし、Youtube Musicで補えば良いではないか!と考えました。

Youtube Musicは、Youtubeの音楽をバックミュージックで流す事が出来るかつダウンロードもできます!そのためYoutubeにしか存在しない曲もオフラインでいつでも聞けるというわけです。

更に音楽サービスも充実しており、通常の音楽も沢山揃えられています。

・・・え?だったらYoutube Musicだけで良いんじゃないか?

実は僕はそう思ってはいません。なぜなら以下の不便な点があるからです。

Youtube Musicのみ使った場合の不便な点

もちろんYoutube Musicだけでも全然大丈夫!という方もおられるかもしれません。

しかし、ここではGoogle Play Musicと比べた時不便と感じた点を書いていきます。

Google Play Musicと比べて聞ける音楽は少ない

ストリーミングサービスの曲数はGoogle Play Musicに比べて少ないです。

メジャーな曲はもちろん両方ありますが、マイナーな曲はYoutube Musicにはありません。

Youtubeの音楽で補完する事はできますがストリーミングより音質は下がります。

オススメ曲を検索したら結果が微妙…

Google Play Musicで「あなたへのおすすめ」として、自身が高評価している曲からAIが判断して好きそうな曲を選んでくれます。

その機能は中々高性能でして、全然知らないアーティストの良い曲を選曲してくれます。

しかし、Youtube Musicのおすすめ検索は高評価にしている曲・アーティストが大半で出てきます。おすすめを検索する事には向いていないかもしれません。

通常のYoutubeの自動再生のようにはいかない

Youtubeでは動画を再生した際に、自動再生リストがあると思います。

 ・再生した動画に関連するアーティストの動画を次の再生対象に含むなど

しかしYoutube Musicではそれが出来ません。再生した動画の音楽とあまり関連性のない音楽が検索されます。これが意外と使いにくい点です。

次のトラックに遷移すると、関連性のない曲になるので操作の手間が増えます。

Google Play Musicは年内 (2020年) に終了。Youtube Musicに移行

グーグルよりGoogle Play Musicは年内に終了する事が発表されました。

具体的な日程は不明ですが、終了時期は2020年後半です。

それに伴いGoogle Play Music内の資源をYoutube Musicに移行する必要があります。

現在(2020年6月)Youtube Musicに移行できるアプリが公開されています。

Google Play Musicから移行できる内容は以下の通りです。

 ・ダウンロードした曲・アルバム

 ・作成したプレイリストやステーション

 ・クラウドにアップロードした曲・アルバム

 ・高評価・低評価を付けた曲のリスト

ワンクリックで移行はできるようです。かかる時間などは不明ですが、バックグラウンドで実行してくれるので放置しておいて大丈夫です。

さいごに

Google Play MusicはYoutube Musicに移行します。

今回統合される事でGoogle Play Musicの良さを取り入れて欲しいです。

Youtube Musicのメリットとデメリットを簡単にまとめると以下になります。

メリット

 ・Youtubeの動画を音楽のみバックグラウンド再生できる。

 ・Youtubeの動画を音楽のみダウンロードできる。(オフライン再生できる)

 ・ストリーミング配信の音楽も聞く事ができる(オフライン再生できる)

デメリット

 ・Google Play Musicに比べてストリーミング配信の曲数が少ない

 ・AIによるおすすめ曲の検索が微妙…

 ・自動再生した場合の関連曲再生が通常のYoutubeと違う

これを機に他の音楽配信サービスを試してみたいとも思っております。

次はAmazon Music Unlimitedにしようかなー。プライム会員だし。

それでは、皆さま楽しいサブスクライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました