【初心者向け】Visual Studio CodeでPythonをコーディングする

Python
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!SEふじたけです。

いろんなサイトにVisual Studio Code(以下VS Code)でPythonをコーディングしてデバッグする方法が書いてあるのですが・・・

どうやってもできねぇ!(僕の理解不足です)

という事で僕自身の備忘録もかねて、何故かできない!という方に向けて

VS CodeでPythonをデバッグ実行する所までのやり方を書いていこうと思います。

今回はMicrosoft社から提供されたドキュメントを参考にしました。

Visual Studio Code を使用して Python 初心者向けの開発環境をセットアップする - Learn
実際のアプリケーションを構築するために必要なツールをインストールして構成することで、Python の学習を始めます。
スポンサーリンク

Pythonをインストールする

まず自身のPC環境にPythonをインストールします。

Download Python
The official home of the Python Programming Language
黄色いボタンの「Download Python..」を押してダウンロードします

ダウンロードしたら、インストーラーを開きます。

初期画面では「Add Python 3.9 to PATH」のチェックは外れてます

初期画面では 「Add Python 3.9 to PATH」 はチェックされていません。

チェックしておく事で環境変数の登録をしてくれます。

環境変数に登録すると何が良いのか?一言で書くとWindowsでPythonの実行が簡単になります。簡単に実行するためのショートカットを設定すると思ってください。

拡張機能でPythonをダウンロードする

VS CodeでPythonの拡張機能をダウンロードします。

Pythonの拡張をインストールします。

①をクリックし、②の検索で「Python」と入力し拡張機能をインストールします。

pyファイルをVS Codeで開く

pyファイルを新規作成し、VS Codeで開きます。

開いたら簡単なコードを書いてみます。

コードを書いてみたら上の画像の右上赤枠内にある緑色の矢印をクリックします。

コードをデバッグしてみました。

赤枠内を見ると、結果が出力されています。

やったー!デバッグできた!

というかめちゃくちゃ簡単でした。。今まで何に悩んでたのだろうか。。。

番外編として個人的にオススメするPythonの拡張機能を1つ紹介します。

変数等のオブジェクトが見やすくなる Python Preview

Dongli氏によって製作された「Python Preview」はオブジェクトの構成が可視化されたり、プログラムのステップ実行が出来る拡張機能です。

一体どういう事?と思われるかもしれません。

実際に画像で説明します。

まず「Python Preview」の拡張機能をインストールします。

赤枠内の「Python Preview」をインストールします。

インストールしたら、下の画像の赤枠内を右クリックします。

右クリックで表示されたメニューから「Open Preview to the Side」を選択します。

フレームと変数のフローを見ることができる。

開くと以下のような画面が表示されます。

左側ではプログラムをステップ実行する事ができ、現在の実行場所を表しています。

画像ではプログラムは最後まで実行完了していますので、「Program Terminated」と表されいます。

そして右側に注目してください。色が付いた変数に矢印が付いていますよね?

これがこの拡張機能でオススメしたい点です!

変数がどこを参照しているか一目でわかる点ですのでとても便利です。

 ・めちゃくちゃ変数が多い場合は少々見づらくなりますが。。。

また、出力した文字列もステップ実行で確認する事ができるのでデバッグ動作も簡単です。

VS CodeでPythonを動作させる事は簡単!

今回はVS Code上でPythonをデバッグ動作させるやり方を書きました。

実際やってみると少しの手順でVS Codeを動かす事が出来ました。

なぜ今まで悩んでいたんだろうか。。。(僕の理解不足です)

ひとまず、VS Code上でPythonを動かす事はできたので色々やっていこうと思います。

プログラミングスクールで効率的に覚えよう

今回のようなプログラミング環境構築ではスクールで習う事はあまりないかもしれません。

環境構築は意外とつまずく事が多く時間がかかってしまう事があります。

環境は1度構築すれば変更する事はないので時間はかかりませんが、プログラミングは別です。

初歩的な所でもつまずく事は多く、調べ方やある程度の書き方を知っておくかどうかで時間効率は大幅に変わります。

そこでオンラインスクールです。

TechAcademyでは無料体験コースがあります。

無料体験を実施するだけでも基礎知識を身に着ける糧になります。

この記事が参考になりましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました